Webデザイン フリーランス

【LINE公式アカウント】LINEの管理画面で作るリッチメニュー

パソコンが苦手な女性フリーランスの方に寄り添いたいWebデザイナー絢です。
アメブロのカスタマイズやホームページを制作しています。

女性フリーランスの方で、LINE公式アカウントをお持ちの方、LINE公式アカウントをこれから開設したいとお考えの方はぜひリッチメニューをご使用ください。
リッチメニューとは、LINE公式アカウントの下に表示される画像のメニューのことです。

 

こちらに、お知らせへのリンクや割引クーポンなどを設置し、情報へアクセスをしやすくすることはお客様のためになると思います。


今日はこちらのホームページへのリンクとお勧めメニューへのリンクの二つのボタンを持つリッチメニューをご自分で作成し、設定する方法をご紹介します。

 

 

LINE公式アカウントのリッチメニューの作り方

リッチメニューを作成する画面を開きます

LINE公式アカウントの管理画面にパソコンからログインします 下のボタンをクリックし、LINE公式アカウントの管理画面にログインします。

LINE公式アカウント

 

左のメニューから「リッチメニュー」をクリックします

 

「作成」をクリックします

 

 

リッチメニューを作成します

テンプレートの選択

リッチメニューにはボタンを1個から6個まで設定することができます。
まず、メニューのボタン構成をテンプレートから選びます。 「テンプレートを選択」をクリックします。

 

 

こちらからお好みのテンプレートを選択します。 設定したい情報の数や、表示したい情報の大きさなどを元に選ぶとよいかと思います。
今回は小の左から2番目を選択し、「選択」をクリックします。

 

 

画像を作成

ここからリッチメニューの画像を作成していきます。 「画像を作成」をクリックします。

選択したテンプレートが表示されます。左側のエリアから作成します。

 

 

背景色を変える

見本通り、背景をピンクにします。バケツのアイコンをクリックします。

色は赤枠内のパレットから選択するか、スライダーを横に移動して表示された色の中からクリックして選択します。

 

 

画像を追加する

ロゴの画像を追加します。画像のアイコンをクリックし追加する画像ファイルを選択します。

ロゴ画像が追加されたら、左のLINE画面のプレビューも見ながらマウスや赤枠の機能で配置します。

 

 

テキストを追加する

文字を追加します。Tのアイコンをクリックし、追加されたテキストをお好みの文言に書き換えします。

テキストを書き換えたら角をドラッグしてお好みの大きさに変更し、配置します。 文字の装飾、配置は赤枠の機能を使います。

リッチメニューの左が完成しました。  

 

右のメニューを作成

左のLINE画面のプレビューの右のメニューエリアをクリックします。

左のメニュー同様、画像のアイコンをクリックし追加する画像ファイルを選択します。

角をドラッグして、追加された画像をお好みの大きさに変更します。

画像が大きいのでトリミングします。
トリミングのアイコンをクリックし、切り取りたい大きさに調整したら、もう一度トリミングのアイコンをクリックします。

画像がトリミングされました。テキストを2つ追加します。

テキストを追加しました。完成です。 「ファイルに保存」して作った画像をダウンロードしておきましょう。 「適用」をクリックすると画像は完成です。

 

 

リッチメニューを設定する

リッチメニューの設定画面に戻ったら、設定をします。  

表示設定

タイトル 作成するリッチメニュー名(他のリッチメニューと区別がつけばよいです)
ステータス オン
表示期間 表示しておく開始期間と終了期間を両方必ず設定する
メニューバーのテキスト リッチメニューの下に表示されるリッチメニューを閉じたり開いたりする部分のテキスト文字。お好みで設定
メニューのデフォルト表示  LINE公式アカウントを開いた時にリッチメニューを表示しておくかどうかです。表示するで設定をお勧めします

 

コンテンツ設定

タイプ リンク、クーポン、テキスト、ショップカード、設定しない、の中から選択。クーポンとショップカードは事前に作成要
タイプに対応する設定項目 今回はリンクの設定なので、リンク先URLを入力します
アクションラベル リンクのわかりやすい名称を入力します

  表示設定、コンテンツ設定共に完了したら、「保存」をクリックし、LINE公式アカウントに表示されているか確認します。

 

ポイント

  • リッチメニューの作成・設定はLINE公式アカウント管理画面へパソコンからログインして行う
  • リッチメニューのボタンの数は1個から6個
  • リッチメニューのテンプレートを選んで作成する
  • 表示期間は開始と終了を両方設定する
  • リッチメニューにクーポンとショップカードを設定する場合、事前に作成しておく必要がある

 

女性フリーランスの方向けのリッチメニューを制作しています

WEB DESIGN La pureté (ラ・ピュルテ)では女性フリーランスの方向けにリッチメニューの制作をしています。
ご自身で制作する時間が取れない場合など、ぜひご相談ください。

お問い合わせ

 

お問い合わせ


WEB DESIGN La pureté ​へのお問い合わせはこちらからどうぞ。

お問い合わせ

LINE公式アカウントからもお気軽にご質問くださいませ♡

友だち追加
  • この記事を書いた人
WEB DESIGN La pureté 絢

WEB DESIGN La pureté 絢

藤本絢子 / Junko Fujimoto
Webデザイナー 東京都在住。
会社員時代はシステムエンジニアとしてソフトウエア開発に携わっていました。
女性や主婦の方が個人事業主として働く中で、本業に集中できるようパソコン関係のサポートを行っています。

-Webデザイン, フリーランス
-

© 2020 WEB DESIGN La pureté